オールドフォードレーン

ウイイレアプリの「プレーの仕方」を考えるブログ

超オススメ!ウイイレアプリ 「2倍速」上達法

f:id:kazfbl:20200513095518j:image

 この記事は、ウイイレアプリの練習方法について書いています。

 

 

 突然ですが、リコンソリデーションという言葉をご存知でしょうか?

 

 

これは“同じ動作の反復練習の際に、全く同じではなく、少しだけ変化を与えながら反復すること”という意味だそうです。

 

 

このリコンソリデーションさんは有能だそうでして、なんとこれを使えばスポーツや楽器が倍のスピードで上達するよ!と科学的に認められています。

 

 

 

これってウイイレアプリにも使えるんじゃね?と思ってぼくは以前から使っていまして、けっこう良い感じなのでみなさんにもご紹介したいと思います。

 

 

 

こんな方におすすめ!

◻︎今よりも手っ取り早く上手くなり

   たい方

◻︎何を練習すれば良いかよくわから

   ない方

 

 

 

 

 

 

マジで2倍っすか?!激熱の練習方法リコンソリデーションとは

 ジョンズホプキンス大学などが、86人の男女に次のような実験研究をしました。

 

 

  1. PCモニタ上のカーソルを動かすゲームをプレイしてもらう
  2. 参加者の半分は、全く同じ方法で何度もゲームをプレイしてもらう
  3. 残りの半分には、毎回ちょっと違う方法でゲームをプレイしてもらう

 

 

ひとつのグループは同じことをひたすらくり返したのに対して、残りのグループは「力の入れ方を変える」や「メインで

 

 

使う指を変える」みたいに、プレイごとにちょっとずつ変化をくわえていってもらったみたいです。

 

 

その後すこしの時間をあけてから、ゲームの上達度をチェックしたところ

 

 

少しずつ変化を加えたグループは、2倍ほどゲームの正確性とスピードが向上していた!

 

 

という違いが確認されたそうです。。

 

 

?!?!マジ?マジなら2倍は凄まじいですね!

 

 

長くなるので研究者の解説は割愛しますが、こんなコメントを残しているそうです。

 

 

この結果を現実のトレーニングに活かせば、私たちはより少ない時間で楽器やスポーツの向上が見込めるだろう。      

引用元  ブログ「パレオな男」

 

 

 

 

これを知ったときは無理矢理にでもウイイレアプリに応用したいと思いましたねぇ…

 

 

ただ、このリコンソリデーションには2つ注意したい点があるみたいです。

 

 

  1. 変化のレベルは少しだけにとどめる方がよい。あまりに変化が大きいとメリットを得られなくなってしまう。
  2. 反復の期間は長めに取る方が効果的。上の実験では練習から30分後に反復練習をしたグループには、優位な運動スキルの向上は見られなかった。

 

 

とのこと。

ほんとうに少しだけの変化と、次の練習までの期間をあけることがポイントみたいですね。

 

 

 

 

 

ウイイレアプリ×リコンソリデーション

 ではご参考までに、実際にぼくがしているリコンソリデーションを取り入れた練習方法をご紹介したいと思います。

 

 

コンソリデーション自体を理解された方はご自身で練習方法を作るのも全然ありかと!

 

 

 

同じフォーメーションで監督だけ変える

 ぼくは4213のリデル ハイスマンを使っているのですが、同じ4213のピーチェブールで練習しました。

 

 

目的は4213でのプレーの上達です。

 

 

実践した具体的な練習方法は、

 

 

ピーチェブールで3試合する→次の練習(間を一日以上あけている)はリデル ハイスマンで3試合練習。

 

 

これを数回繰り返しました。

 

 

これを練習方法にした理由は、フォーメーションは同じですが、戦術の攻撃タイプが一方はポゼッション、もう一方がカウンター、

 

 

攻撃エリアは一方がサイド、一方は中央と両監督の戦術に違いがあり、これをリコンソリデーションでいう「小さな変化」と位置づけたからです。(パスサポート距離や、ディフェンスラインの高さ、コンパクトネス等は考慮していません)

 

 

 

途中からはスカッドを切り替えるのが面倒になったので←、リデルハイスマンのオフェンシブとディフェンシブを入れ替

 

 

えましたが(守備タイプとプレッシングが変わる)、これでも良いと思っています。

 

 

あるフォーメーションでのプレーの向上をはかりたいときは、同じまたは似ているフォーメーションにして監督だけを変えるという方法が良いのではないでしょうか。

 

 

 何を基準に小さな変化をつけようか迷ってしまう方は、とりあえず今お使いのフォーメーションでのプレーの向上を目指すところから始めてみるのも良いかもしれませんね!

 

 

 

試合中にわざといつもと違う選択をする

この他にも、普段の状態に少しの変化を付け加えて練習するという方法も試してみました。

 

 

具体的には、ぼくはボールを持つことの方が多いのですがボール保持にはこだわらず、守備とカウンターを意識して試合をしました。

 

 

普段なら繋ぐところも、相手が読みやすい単調なパスやシュートを、通ればラッキーくらいで繰り出し、守備に回る展開が増えるようにしました。

 

 

ここでは守備の考え方や操作方法、カウンター時に気をつけること等についていつも以上に考ることができ、新鮮で楽しめた記憶があります!

 

 

また、ぼくはドリブルが苦手(というかセンスがないと思う)なのでドリブル重視の攻撃を3試合し、別の日にいつも通りの試合を3試合し、また別の日に再度ドリブル重視の攻撃を3試合するということもしました。

 

 

  普段カウンターが攻撃の中心の方は、たかいボールポゼッションをめざし、崩しから得点することに重きをおいた試合を3試合→

 

 

間をあけて、いつも通りのカウンター攻撃中心の試合を3試合→ポゼッション重視の練習を3試合と繰り返してみるのもありではないでしょうか。

 

 

 

気になるドリブルをひとつ選んで使いまくる

 先ほど述べたドリブル重視の攻撃をするときに意識したことがあります。

 

それは

 

今後使えるようになりたいなと思うドリブルを「ひとつだけ」選び、ピッチのいたるところで使いたおす!

 

です。

 

 

ひとつにした理由は、仮に5種類のドリブル、フェイントを知っていてもそれを同時に使うと「これって変化が大きいに当てはまるんじゃない?」と思ったからです。

 

 

あと、ドリブルが下手→取られる→守備となり、そもそも攻撃の時間が少ないので5種類ものドリブルを1試合でたくさん試すことが出来ないのもありましたが。笑

 

 

※実験のようにメインで使う指を変えたりするのはどうなのかと思ったので試していません。スマホが持ちにくくなってしまうので。

 

※使えるドリブルやフェイントについて知りたい方は今更ですが、ぼくくんゲームさんの動画がやはり参考になると思いますので、まだ見たことのない方や、再度見直したくなった方はこちらもどうぞ。

 

↓ぼくくんゲームさんのドリブル動画

●【ドリブル講座完全版!!!】おすすめドリブル技5選完全解説!〜

ウイイレアプリ2020クラシックドリブル講座!〜

●【激強技】超簡単で超強い!DF無力化新登場押し出しドリブル発動コツは〜

 

 

 

練習と練習の間はどのくらいあければ良いのか

 上の実験研究の注意点に、30分後に反復練習をしても優位なスキルの向上は見られなかった、とあるのでぼくは一度練習すると1日以上はウイイレアプリをしないようにしました。

 

 

具体的には1日に3試合したらその日はもうウイイレアプリはしないと決め、それを実行しました。

 

 

もともと集中して試合をしたいので、勝っても負けてもウイイレアプリをする日は1日MAX3試合までというルールを決めているので、個人的にはこの練習方法を取り入れやすかったです。

 

 

 アプリで遊ぶ時間はその人の自由ですが、この練習方法で上達することに関しては、集中してプレーできる試合数だけにとどめて、その回数を消化したらアプリから離れた方が良いかも知れません。

 

 

 

 

この練習方法の問題点

 この練習方法には決定的な問題点がありますよね?そうです。何をもって上手くなったのか?の基準がないことですね!←

 

 

 ぼくはこの方法で上手くなったなーと感じるのですが、基準がぼく自身の感覚でしかないので全くあてにはなりません。

 

 

もしこの練習方法を気に入って試してみようと思った方は、以下のことを取り入れてみると良いかも知れません。

 

 

  1. この練習方法を実践した初日のプレーを画面録画する
  2. 練習開始11回目のプレーを画面録画する(毎日1セット練習する場合は11日後)
  3. 1.2.の録画を見比べる

 

 

これをすると少しは客観的に、初回と11回目の自身のプレーの変化、上達度を見れるのではないでしょうか。

 

 

ぼくも録画しておけばよかったなとまぁまぁ後悔しております。笑

 

 

次に試合をするときはそれを最初の練習と位置づけて、録画をしてみようと思う次第であります。

 

 

 

 

まとめ

f:id:kazfbl:20200512122117p:image

 この記事のポイントを3つにまとめました。

 

  1. コンソリデーションってウイイレアプリでも使えるかも!
  2. 使うなら「小さな変化」と「練習と練習の間はできるだけあける」は忘れずに!
  3. 1回目の試合(練習)と11回目の試合(練習)のプレーを録画しておき、あとで見比べたら上達度を客観的に見れるかも?!

 

 

 ウイイレアプリユーザーの方はYouTubeSNSを通して、学ぶ意識が高い方がおおいと感じていますので「小さな変化」を試すアイデアをたくさんお持ちの方はおおいのではないでしょうか。

 

 

1試合に1つだけ

持っている知識の全てをそそぐのではなく、我慢してひとつずつ、ちびちび使っていくとFPガチャがなくてもしばらくは楽しめそうですね!笑

 

 

あっ!レートをキープしたい方には少し向いていないかもです。笑