オールドフォードレーン

ウイイレアプリの「プレーの仕方」を考えるブログ

名選手と名監督(+少しのデータ)が教えてくれる プレーのヒント 12選

f:id:kazfbl:20200512120841j:image

 

こんにちは!

 

今回は、監督や選手のコメントをもとに、一緒に考えましょう!系の記事になります。

 

 

ウイイレアプリにおけるプレーのアイデアが閃きそうな12個のフレーズ(または画像)を用意しました。

 

 

ご興味のある方は、読んで頂けるとうれしいです!

 

こんな方におすすめ

◽︎プレーに新しい変化を加えたい方

◽︎ウイイレアプリ初心者の方

◽︎ウイイレアプリに飽きつつある方

 

 

 

 

 

はじめに

 今回のテーマは「プレー選択に変化を!マンネリを打破しよう!」です。笑

 

 

今回は目次ごとに一つのフレーズを用意しています。

 

 

①そのフレーズ(または画像)や人に対するぼくのコメントと、

②そのフレーズはウイイレアプリではどのように応用できそうか

について書いています。

 

 

ぼくはこう思いましたが、みなさんはどう思いますか?

 

 

それでは一緒にみていきましょう!

 

 

 

得点パターンを増やしますか?それとも極めますか?

ゴールの30%〜40%はセットプレー絡み

15%〜20%が遅攻

残りがカウンターアタック

 

①これは実際のサッカーにおける近年の得点率です。

 

 

実際のサッカーとゲームでは程度に違いがあれど、個人的には似たようなイメージを持っています。

 

 

 ウイイレアプリでカウンターが得意という方も多いとおもいますが、ポゼッションと比べて非常に簡単であるのが理由なのではないかと思っています。

 

 

②このフレーズをみて、自分の得点パターンはセットプレー、遅攻、カウンターのどれがおおいのかを確認し、

 

 

◻︎1番得意な攻撃に磨きをかけるか、

◻︎1番苦手な事にチャレンジするのか、

◻︎全てをまんべんなく向上させようか

 

 

といまの得点パターンを考え直すきっかけにして頂けたら。

 

 

 

場所を心得る

f:id:kazfbl:20200424163406j:image

①各エリアでボールを持っているときに意識したいことの一つですね。サッカーをしていた人やサッカーに詳しい方にとっては常識レベルで広がってるかと思っています。

 

 

ウイイレアプリはゲームなので縦に速い攻撃に急ぐ方もたくさんいるとは思いますが、相手のペースに乗せられず自分のペースで試合を進めるためにも意識したい要素かと。

 

 

アプリに慣れた頃や、全然勝てなくなったときにもう一度確認したいことでもあると思います。

 

 

 

シュートはどこから狙えば入りやすいのか問題

f:id:kazfbl:20200424163427j:image

①これは前回か前々回のワールドカップでのゴールから算出された%です。今現在は知りません←

 

 

②これをそのまま活かすのも良いですし、気になった方は現在の数値を調べそれを元に狙うゾーンを決めたり、特定のフィニッシュワークをつくるのも良いかも知れません。

 

 

ただ、アプリ特有の入りやすいシュートやゾーンがあります。

 

 

バージョンによって傾向は変わるのでその都度、有名YouTuberが教えてくれるシュートのコツ的な動画も参考にしつつ両方を意識したいところ。

 

 

ビエルサゾーンと呼ばれるゾーンもあるのですが似ているので今回は割愛しています。

 

 

 

名手シャビのひとりごと

中盤の選手の最も重要な仕事は、ボールを奪われないことだ。  

(シャビ  エルナンデス)

①らしいです!笑 シャビ先生が言うのなら一理以上はありそうですね!

 

 

②ただアプリではそれが難しいんですよね。。。この機会に再度、中盤の選手でのドリブルキープやパス交換によるボールポゼッションの練習をしたいところです!

 

 

ゴール方向以外のスペースを目指す、

無理に前を向こうとしない等、

中盤では「抜く」ドリブルを減らせばボールを失いにくくなると個人的には感じています。

 

 

 

C ロナウドの得点パターン

レアルマドリー時代のロナウドの得点の大半は1タッチ、2タッチ以内によるもの

(現在もそうなのかは把握していません←)

①気付けばドリブラーからストライカーになっており、重要な試合では決めない男からいつのまにか決定力抜群の男になっていました。笑

 

 

マドリー時代の9年間では438試合出場、451得点を記録。もうよくわからない。

 

 

②そんなマドリー時代のロナウドのフィニッシュワークの大半は2タッチ以内。

 

 

決定力をはじめ、シュート系能力が高くスキルも豊富な選手を使い、

 

 

あえてワンタッチシュートを狙ったり、ツータッチ以内でシュートを放つ操作、その選手にパスを出すタイミング、

 

 

その選手とゴールまでの距離に応じて、その選手にパスを出すか出さないか等を

 

 

追求していけばウイイレアプリでロナウドを表現できるのも夢ではないかも知れませんね!

 

 

 

創造性豊かなエリクセンが語る、試合中に意識していること

可能な限り試合展開に関わること

スペースを作って周りの選手と繋がるように

(クリスチャン エリクセン)

①試合中はどこがポジションなのかがわからない程いろんなエリアに顔を出しますね。

 

 

試合毎に監督から与えられる指示は違いますが、毎試合ある程度の自由は与えられてそうです。

 

 

 

②アプリでチームの中心選手を1人作りたくなりました?ぼくはなりました!←では、どんな選手が中心選手にふさわしいでしょうか?

 

 

ぼくはプレースタイルに関してはなんでも良いと思います。

 

 

各プレースタイル特有のAIの動きをそのままプレーに使うのか、

そのAIの動きの後に意図的な操作を合わせて独特のパターンを複数作るのか、  

 

 

プレースタイルが適応されないポジションで起用するのか等は好みですし、これは時間の経過とともに変わる可能性もあります。

 

 

能力値に関していえば、毎試合出てほしいのでコンディション安定度が高く、試合終盤でも動けるようスタミナを待ち合わせた選手を選びたいですね。

 

 

また、テクニックやパスやドリブル能力が高いのをはじめ、スキルも豊富で多くの人が言うような「強い選手」になりそうです。。。

 

 

プレー選択や操作でいうと、ボールをもらった時に

 

 

味方が開けたスペースや、

ポジションにドリブルする

(相手ゴール方向とは限らない)

 

 

とチーム全体のポジションバランスが保てそうです。エリクセンが言うようにウイイレアプリでも周りの選手とつながることは出来るのでしょうか?!

 

 

 

クロスってそこからよりこっちからの方が得点率高いの?

f:id:kazfbl:20200513181734j:image

①実際のサッカーでは、ゾーン1深めから上げるクロスよりもゾーン1内の青◯から上げられたクロスの方が得点に繋がっているというデータを見た事があります。

 

 

19-20シーズンのマンチェスターシティは、★から🌙へめがけて速いクロスを供給する頻度が増えています。(とくにデブライネ)

 

 

デブライネ本人の意図か、チーム全体の新しい決まりっぽいですね。

 

 

ウイイレアプリでもこの★から🌙へかけてのフライスルーパスは使えますね!ただパスに対応する選手にマンマークのスキル持ちだとひっかかる事もありますが。

 

 

カーブをかけたアーリークロスを狙いたいのですが、ただのフライパスになってしまう。。笑  アプリの特性上仕方ないのかもしれません。

 

 

この位置からアーリークロスは出す事ができ、それを高確率で出す方法を知っている方とかちましたら教えてもらえませんか?笑

 

 

このゾーンでパスをもらった時の選択肢が少ない方は是非、フライスルーパスを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

ちなみにデブライネはワンタッチ、ツータッチ以内で🌙のゾーンへ送り込む傾向があります。



 

前線の人数が多い監督のほうが良いのかな?ゴールに直結する起点はここ!

総得点の51%がファイナルサードでのボール奪取が起点

敵陣でのボール奪取が得点に直結する傾向があった

(CL17〜18シーズン)

①パスやドリブルや組み立て、というかボールポゼッションからの得点が苦手な方には朗報ですね!

 

 

ポゼッションからの崩しは忘れて、ファイナルサードでボールを奪うことに集中し、そのままシュートか一本のパスでゴールを狙うスタイルへ変更するのもありですね!

 

 

ウイイレアプリではフェルナンドサントスが強いと言われていますが、ファイナルサードでのボール奪取からの速攻を

 

 

狙うのであれば、FWは3枚の方が良い(FWが2枚で相手が4バックならSBに逃げられる為)のではないかと個人的には思います。

 

 

味方FWラインのプレッシングが剥がされてしまった時にも、引き続きプレッシングをかけたいのでFWラインの後ろは1人よりも2人の方が機能しそうですね。

 

 

理屈上と、全ての選手をいっせいに操作できないウイイレアプリの特徴をふまえると、前線からのプレスは433が最適だとぼくは思います。

 

 

これと同時に、現在ではほとんどのチームが取り入れているであろう5秒ルール(ボールを失った直後は5秒間全力でプレス)を

 

 

ウイイレアプリでも使うのとかもありではないでしょうか。

 

 

プレスとプレス指示を、時間の流れ的に1秒間くらいだけする!みたいな?笑

 

 

 

みんながやっと気付いたペップの一言

目的は相手を動かすことであり、ボールを動かすことではない

(ペップ グアルディオラ)

①この言葉で彼のサッカーの一部を理解

できるようになった方も多いのではないでしょうか。

 

 

この発言がされる以前は、バルセロナの選手たちの動きがどうたらこうたら〜、ゼロトップが〜と言う意見や記事が圧倒的に多かったふうに記憶しています。

 

 

ペップのこの言葉で少しすっきりしたのは僕だけではないはず。。。

 

 

 

②これはウイイレアプリでそのまま使えそうですね!

 

 

チーム全体でパスを回し、相手を上下左右に動かすことによって相手のライン間や選手間にスペースをつくり、相手を崩す。

 

 

みたいな感じでしょうか?

 

 

ぼく個人としては、ウイイレアプリでは崩しをする一つ前の段階が大切だと考えているので、

 

 

崩す前(仕掛ける前)の下準備

 

 

として相手を動かすように心がけています。

 

 

ボールポゼッション&下準備の局面→崩しの局面→フィニッシュの局面みたいな感じです。

 

 

 

ウイイレアプリもこうなっていくのか? ナーゲルスマンの未来予想

適切な判断を行うスピードをより高めることが、今後は大きなキーになる

(ユリアン ナーゲルスマン)

①戦術ジャンキーで有名なナーゲルスマン監督ですね。

 

 

過去にはトレーニングや試合でテクノロジーを駆使している事でも話題になりました。(今は世界中でテクノロジーは普及しています。)

 

 

サッカー以外からも学ぼうとする姿勢が強く、野心も隠さない、戦術的にモダンな監督。

 

 

戦術云々も勉強になりますが、生き方に対する考え方も個人的には好きです!ブンデスリーガはほぼ見ませんが。笑

 

 

②これをウイイレアプリで表現したいと思ってしまった方は…イバラの道が待っているかもしれません。笑

 

 

イバラの道になる理由を3つ考えてみました。

 

 

  1. 適切な判断とやらをするための知識を学ぶ必要があります。
  2. 様々な知識を学んだあとに自分にとって、またはサッカーの本質的に適切な判断とは何なのかを自身のなかにもつ必要があります。
  3. ゲームですので画面や下のレーダーごしに適切な判断をしても、次の瞬間には適切な操作をする必要があります。

 

 

これは興味ない方にとっては苦行でしかないですね。笑

 

 

興味のある方はウェブや本、YouTubeなどでいろいろ調べてみるとサッカーおもしれー!ってなるかもしれませんね。

 

 

全部はめんどくせええええと言う方に向けてひとつ提案があります。

 

 

ボールを奪った直後の操作を正確にする練習をしてみてはどうでしょうか。

 

 

ボールを奪った直後に落ち着き、かつ正確な操作が毎回高確率でできるのであれば、ボールを奪った直後にミスで奪い返されることを減らせると思います。

 

 

しっかり画面や下のレーダーを見て判断を下せていても、この操作の瞬間で、「あっ!」てなってしまうのは僕だけではないはず!笑

 

 

 ちなみにSNSYouTube等の普及で、現在は戦術に詳しい人しかわからない事が、数年後にはウイイレアプリ初心者の

 

 

方にとっても常識なレベルにまで浸透すると個人的には思っていますので、

ナーゲルスマンの発言はウイイレアプリにも当てはまると思っています!

 

 

ウイイレアプリでは、マイボールにした直後の正確な操作性がキーになりそうですね。

 

 

 

いや、その発想はなかったです ユルゲン クロップのアプローチ

ゲーゲンプレッシングは

最高のプレーメイカーだ

(ユルゲン クロップ)

①クロップドルトムントのプレーメイカーはシャヒンじゃなかったのか…?!

 

 

プレッシングをプレーメイカーと呼ぶとは、、まさに監督目線のコメントですね!

 


シャビアロンソが「クロップは相手を檻の中に閉じ込めるようなプレーをする」みたいなコメントをしてました。

 

 

相手の認知に高負荷をかけてミスを誘い、そこから一気に攻撃を仕掛けるのが彼のチームの真骨頂です。

 

 

リヴァプールではポゼッションにも力をいれており、より幅の広いサッカーに転換していますが、やはりプレーの本質は相手の認知に負荷をかけることだと思います。

 

 

②これをウイイレアプリに応用するアイデアは、上で書いた「前線の人数が多い監督のほうが良いのかな?ゴールに直結する起点はここ!」の項目でふれたのと同じ内容になりそうです!笑

 

 

フォーメーションは433が理想的ではないでしょうか。

 

 

※ゲーゲンプレッシングの狙いは、カウンターのカウンターです!

相手がボールを手に入れ、守備から攻撃(カウンターかポゼッション)に移ろうとするときは、守備陣形→攻撃陣形となるわけですが、この陣形変化の「間」の組織のバランスが崩れたところに攻撃を仕掛けられるように、自チームがボールを失ったあとに、ボールの即時回収を目的とした強烈なプレッシングをチームで連動して行うことをゲーゲンプレッシングといいます。

 

 

 

ショートカウンターをしたいなら○○も必要

自分たちが攻撃を仕掛ける時に

守備の局面についても

考えているのです

(ペップ ラインダース)

①クロップの右腕、ペップ ラインダースのコメントです。このコメントはゲーゲンプレッシングを成功させるためた必要なことについて述べたものです。

 

 

必要なこととは何でしょうか?

ぼくは

  1. 相手の中盤や最終ラインに均等にプレッシングを行えるように、前線の人数が多く、バランスよく配置されている必要があると思います。
  2. また、攻撃時から自チームの中盤中央のスペースが空かないようなポジショニングを意識することも大切だと思います。
  3. さらに、チーム全体で共有する「合図」みたいなのも必要になるのではないでしょうか。ロングボールやボールが高く上がったらラインを上げてボール中心にチーム全体がポジションを調整するなど。

 

 

細かく知りたい方はクロップやラインダース、ライプツィヒラルフ・ラングニックについて調べてみるとこれ以外の要素や実践的なアプローチについても知れると思いますよ!

 

 

ウイイレアプリで応用する場合、先ほどの1.については、433のフォーメーションが良さそうですね。

 

 

2.については、攻撃時に自チームの中盤中央〜相手バイタルエリア付近のポジショニングの確認をしたいですね。

 

 

味方AIが、自チームの中盤中央や相手バイタルエリア付近にスペースをあけてしまっているときは、

 

 

ボールを持った選手を操作してドリブル移動でそのエリアを埋めてからパスを出すことがポイントになると思います。

 

 

また、ナンバー10のプレースタイルを持った選手を予め配置しておいて、ある程度そこに固定しておくとかもありかと!

 

 

3.については意識すること。くらいしか出来ないかも知れないですね。笑 全員を一斉に操作することはできないので。

 

 

◻︎奪われた瞬間に1秒間パスコースを切りながらプレスとプレス指示をする

とか

 

 

◻︎DFラインから相手GKとDFの間を狙うようなフライパスやフライスルーパスを出して、意図的に次のプレーが展開されるエリアを相手最終ライン周辺に設定すること。

 

くらいでしょうか?

 

 

あとはスタミナとスピード、ボール奪取にショートパス精度の優れた選手を起用したいですね。

 

 

ゲーゲンプレッシングからの得点に重きをおくならプレーメイカーなんていらないわけですし。笑

 

 

※433を連呼しましたがほかのフォーメーションでももちろん応用はできると思います。細かいルールを決めてしまえば頭がスッキリするのではないでしょうか。

 

 

 

おわりに

f:id:kazfbl:20200512123734j:image

いかがだったでしょうか。

 ウイイレアプリの操作を極めた方はプレー選択に目を向けてみる。操作が上手くならない、もうやだって方は息抜きがてらプレー選択に目を向けてみると

 

 

ウイイレアプリの楽しみかたが少し広がるのでは?と思いこの記事を書きました。

 

 

今回載せたフレーズの中に、気に入った一枚がもしあれば、それを元にプレー選択を追求するのも面白いかもしれませんね!

 

 

また、全フレーズの要素をまんべんなく自分のプレーに取り入れようとするのもワクワクしそうです!

 

 

 FPやアイコニックガチャで新しい選手を獲得してチームに加えたり、監督を変えてチームに変化をもたらし更なる強化

 

 

を図るのもありだと思いますが、選手を入れ替えたり監督を変えるまえに、

 

 

今のチームでも出来ることがあるのでは?

 

とぼくは考えています。

 

 

プレー自体を見直せば、今と全く同じメンバー編成、監督でも強くなる、上手くなることは出来ると思っているのですがみなさんはどう思いますか?