オールドフォードレーン

ウイイレアプリの「プレーの仕方」を考えるブログ

効果的に攻めたいなら あのパス回しは控えたほうが良いのでは?

f:id:kazfbl:20200415172815j:image

 

こんにちは!

 

 

  今回はペップ グアルディオラ監督が「クソだ」と切り捨てたことで有名な、U字のパス回しについてです。

 

 

ウイイレアプリの攻撃を改善したい方にとっては役に立つ内容かもしれません。

 

 

ご興味のある方は是非この機会に一読ください。

 

 

こんな方におすすめ!

◽︎ク◯な理由が気になる方

◽︎少しでも効果的な攻撃をしたい方

◽︎相手が守りにくい攻撃をしたい方

 

 

 

 

 

U字のパス回しとは

 ウイイレアプリ初心者の方や、サッカーをあまり詳しくないよって方の為に、かんたんに説明したいとおもいます。

 

 

U字のパス回しとは相手の守備ブロックの外側を経由するパス回しの事です。

 

 

例 システムが433の場合

LWG→LSB→LCB→RCB→RSB→RWG

とボールを経由したらまた

RWG→RSB→RCB→LCB→LSB→LWG

のように同じパスルートを戻る。

f:id:kazfbl:20200415122527p:image

このパスの繋がりがU字にみえることからU字のパス回しと呼ばれています。

 

 

 

U字のパス回しがク◯な理由

 ク◯は言い過ぎな気が…笑 ペップ的にはあまり効果のないパス回しは出来るだけしたくなく、彼の理想的にはU字のパス回しは効果的ではないという事だとおもいます。

 

 

先ほど説明したようにU字のパス回しは相手の守備ブロックの外側でのボール回しですので、相手守備組織を崩しにくいです。おおきく動く必要がないので相手も守りやすいでしょう。

 

 

相手の守備に問題を起こす可能性の低いU字のパス回しよりも中央を使い、相手を上下左右にひっぱり、動かし、スペースを作る。そこを使いながら展開していきたいのだと思います。

 

 

 

U字のパス回しは最低限に

相手が守りやすいため

ウイイレアプリの守備をしているところをイメージしてみてください。

 

自チームの守備ブロックの外側でパス回しをする相手はこわいですか?

 

 

パスのルートが単調なため次のパスコースを読みやすいですよね。

 

 

中へのパスコースとDFライン裏を気にしているだけで良いので守りやすいと思うのですがいかがでしょうか。

 

 

自分が守りやすいということは相手も同じですよね。笑

 

 

ですので効果的な攻撃をしたいのならU字のパス回しを使わないか、使う頻度をできるだけ抑える必要があるでしょう。

 

 

ウイイレアプリの試合時間は6分なのでU字のパス回しを使うと効果的な攻撃を

 

 

する時間がその分減ってしまうと考えているので僕はあまり使わないようにしています。

 

 

リードされている時は尚更より効果的、相手にとってよりいやな攻撃をしかけたいですよね!笑

 

 

 

U字のパス回しは味方WG、SHに不人気?

 

U字のパス回しは、サイドにはっている味方選手にはあまり優しくないんです。

 

画像でみてみましょう。

f:id:kazfbl:20200415120120p:image

f:id:kazfbl:20200415120128j:image

f:id:kazfbl:20200415120135p:image

マフレズが小言いってますね←笑 

 

 

すぐに後ろに戻したり、ボールを受ける前から展開する場所を決めているときはおおきな問題にはなりません。

 

 

効果的な攻撃にもつながりませんが。

 

 

 

サイドの選手に優しい展開

ではサイドの選手に優しいパスを届けるにはどうすればいいのでしょうか。

 

 

これは中から外です。他のレーンからパスを送るとも言えます。

 

 

別の画像でみてみましょう。

f:id:kazfbl:20200415123542p:image

 

f:id:kazfbl:20200415123600p:image

 

f:id:kazfbl:20200415114234p:image

 

f:id:kazfbl:20200415114240j:image

 

これは受けた選手が快適そうですね!

 

 

ドリブルで抜くのは難しくても、飛び込んでくる相手をかわしたり、キープするドリブルなら抜くよりは簡単です。

 

 

 

オススメのパスルート

先ほどルーカスモウラがボールを受けるまでのパスルート、これがオススメですで個人的に「くの字」のパスとよんでいます。

 

 

このパス回しはどのフォーメーションでも応用可能だとおもっているのですが、4バック、3トップのフォーメーションのときは特に使いやすいとおもいます。

 

 

RSB→RDMF(RCMF)→RWGのパスルートがくの字っぽくないですか。笑

f:id:kazfbl:20200415131040j:image

これをするとRWGが前を向いた状態でボールを受けやすいです。

 

 

くの字のパスをオススメする理由は、「超簡単で、通しやすく、効果的」だからです。

 

 

相手もわかっていても、くの字のパスはさせてくれる事が多いように感じています。

 

 

おそらく、

「(ゴール前や中央に近づいてくるのではなく、外に行きよるし)まぁいっか。」てなっているのではないかと勝手に思っています。笑

 

 

地味すぎる「くの字」のパスですが、超簡単で、通しやすく、効果的!なので意識したことのない方には是非ためしてみてほしいです。

 

 

 

U字のパス回しは最終手段

これまでU字のパスでは相手の守備が崩れにくいし、ボールの受け手も困ってしまうという事を書いてきました。

 

 

攻撃時のおおくの時間を効果的な攻撃についやしたい方はU字のパス回しは最後の最後に使う。と決めてしまうといいのではないでしょうか。

 

 

 

U字のパス回しの良いところ

 名将にク◯と言い切られ、肩身がせまいU字のパス回しさんですが、全否定はかわいそうなのでポジティブな側面を何点かあげていきたいと思います。

 

 

ボールポゼッションを安定させる

 ずっと相手陣内で攻撃し続けるのって理想のひとつではあると思うのですが、これは難易度が激高ですよね。笑  

 

 

ボールロストにはならなくても、あまり良くない選択をしてしまい、それが重なると窮屈、つまり奪われやすい状況になってしまいます。

 

 

攻撃的なパス回しのイメージがわかない。ネタ切れそう。てか取られそう。

 

 

ってなった時はU字のパスワークをするとポゼッションを安定させやすいと思っています。

 

 

相手守備ブロックの外側を往復するようにパスを回すだけなので比較的安心してパス回しができますし、

 

 

相手がボールを取りにくるとバランスが崩れるので中央にスペースができます。

 

 

また、U字をする!と決めているので複雑に考える必要もないので頭が楽になりそうですね。

 

 

 

頭の休憩をしたい時に使える

 相手陣内で攻撃し続ける、ポゼッションし続けるのは集中力が必要ですよね。頭、疲れたりしませんか?

 

 

僕は試合中に休憩を取り入れるのも大切な要素と思っていまして、休みたい時や落ち着きたい時にU字のパスワークは最適だなと個人的には思っています。

 

 

 

守備にそなえた攻撃をしたい時

 リードしている時にボールを保持しているけれど、相手のカウンターが怖い時はU字のパス回しをメインに攻撃すると

 

 

仮にボールを失っても自チームのフォーメーションが崩れきっていることが少ないので相手のカウンター攻撃に対応しやすいです。

 

 

ただ、攻撃が単調になってしまうためにシンプルで早いパス回しと、個人技が攻撃の中心になる傾向があります。

 

 

能力の高い選手達はもちろん、プレイヤーの操作力?も求められます。

 

 

 

パス&ゴーの乱用にご注意

 U字のパス回しをメインにした攻撃は、あまりにも単調なのでパス&ゴーを使うとマシにはなりますが、動かす選手には注意したいところです。

 

 

DMFが二枚なら一枚だけ動かす。中盤がDMF1枚CMF2枚ならDMFは動かさない。

 

 

CMFを一枚動かすのか二枚動かすのかを決めるのはご自由ですが、「意図的に守備にそなえた攻撃中」であることを忘れないようにしたいところです。

 

 

 

まとめ

f:id:kazfbl:20200512122545j:image

 いままで書いたことをざっくりとまとめてみました。

  1. U字のパス回しは控えめの方が良いかも。(相手が守りやすい。味方のサイドの選手に不人気!?)
  2. 攻撃により効果的なのはU字のパス回しではなく「くの字」のパス回し
  3. U字のパス回しは、ボールポゼッションや、より守備にそなえた攻撃をしたい時に効果的

 

より効果的に攻めたいならU字のパス回しは控えめに。

より試合をコントロールしたいならU字のパス回しを意図的にとり入れる。といったところでしょうか。

 

 

以上です。

 

 サイドにボールがわたると窮屈になってしまう方や、試合中(6分)はできるだけ効果的な攻撃をしたい!という方は

 

 

U字のパス回しを使いすぎていないか?を意識してパスを選択すると改善されるかもしれません。