オールドフォードレーン

ウイイレアプリの「プレーの仕方」を考えるブログ

コツが多すぎる守備の基本 徹底解説!

f:id:kazfbl:20200314195007j:image

この記事はウイイレアプリの守備の仕方について書いています。

 

 

こんな方におすすめ

◽︎ウイイレアプリ初心者の方

◽︎守備が苦手な方

◽︎今より守備を安定させたい方

 

 僕は04-05からプレミアリーグを観ると同時に戦術関係や監督の考えが書かれた本や雑誌、ウェブサイトを読みあさってきました。

 

 

そしてそれを可能な限りウイイレウイイレアプリに反映させて遊び倒してきた経験を元に誰でも使えるをノウハウを紹介していきます。

 

 

 

 

守備の仕方の流れ

 それでは本題です。まずは守備の仕方の流れについてみていきましょう。

 

 

ぼくは守備を3段階にわけて考えています。

 

 

  1. ボールに寄せながら、
  2. ポジションを調整し、
  3. 2人以上でボールを奪う。

 

 

これを基本としています。

 

1→2→3と順番にしていくと3が終わる頃には局面が変わってしまっているので「1→2→3」でなく「1、2、3で1つ」というイメージを持っています。

 

以下、順番に解説していきます。

 

 

 

 

①ボールに寄せる

 ボールに寄せることが守備の基本で、ここから守備がはじまります。

 

 

相手に余裕をあたえてしまうと後手に回ってしまうので、ボールを持っている選手には可能なかぎりプレッシャーをあたえたいところです。

 

 

「①ボールに寄せる」では

ボールへの寄せかた

ボールに寄せれないとき

この2つについて解説します。

 

 

ボールへの寄せかた

まずはボールを持っている選手に近い味方の選手でプレスにいきます。

 

 

ボールをもった選手の近くに、カーソルのついていない味方選手がいる時はそのまま【プレス指示】を、

 

 

ボールをもった選手との距離が少し離れている時は【カーソルをつけた選手である程度近づいてからプレス指示】に切り替えます。

 

 

ボールに寄せるのはプレス指示した選手で、カーソルのついた選手は中へのパスコースをきるか、ポジショニングを調整します。

 

 

カーソルのついた選手で意識したいのはポジショニングです。

 

 

【ボールとゴールを結んだライン上にポジションをとる】か【ゾーンを埋める(次に備える)】ことがポイントです。

 

 

f:id:kazfbl:20200314104207p:image

f:id:kazfbl:20200314104213p:image

f:id:kazfbl:20200314104220p:image

ぼくはパスを予測してパスカットを狙うこともありますが、基本的にはパスを

 

 

カットすることが出来なかったときのことを考えて守備をするようにしています。

 

 

ちなみにボールは常に動くので、ポジショニングは常に微調整しつづける必要があります。

 

 

ゾーンを埋めるのは予防であると同時に、ボールの位置が変わればボールとゴールを結んだラインも変わるのでその時にはやくライン上に入るための準備です。

 

 

 

【補足】

プレス指示の影響か、相手にスキルの闘争心がついていないからか、体制が悪いからなのか理由はわかりませんが、パスコースに入らなくてもライン上を目指してプレーしている時にパスカットできたり、足にひっかかったりする事がけっこうあります!

 

 

 

ボールに寄せれないとき

これは2つにわけて考えています。

「試合展開、ボールの流れが速いとき」と「ボールとの距離が遠すぎるとき」です。

 

 

●試合展開、ボールの流れが速いとき

 

フォーメーションの噛み合わせやお互いのプレーの仕方の影響でカーソルチェンジを細かくしてる時間がないときや、

 

 

思考が追いつかないないときは中を優先的に切ります。

 

 

このときの注意点はプレス指示をしながらカーソルのついた選手を操作すると動きがおそくなってしまうので

 

 

ダッシュボタンをつかいパスコースに入ることを優先します。そのあとにプレス指示をかけます。

 

 

カーソルチェンジが間に合わない、思考が追いつかないときは優先的に中を防ぎたいところです。

 

 

●ボールとの距離が遠すぎるとき

ボールを持っている選手の近くに、味方選手がいないときはDFラインの裏をカバーします。

f:id:kazfbl:20200311045727p:image

f:id:kazfbl:20200311045916p:image

f:id:kazfbl:20200311045741p:image

このようにDFライン裏へのフライスルーパスを狙われる可能性があるときはカーソルをCBにあわせて、

 

 

下のレーダーを見ながらCBを相手選手よりもゴール側に動かします。

f:id:kazfbl:20200311050239p:image

f:id:kazfbl:20200311045849j:image

ルーパス、フライスルーパス対策ですね。これをされてしまうと一気にGKと一対一を作られてしまうのでしっかり予防したいところです。

 

 

DFライン裏をカバーすることを優先しているので左サイドに展開されたり、ボールを持っている選手に自由にドリブルされることはOKです!

 

 

DFラインの裏をカバーし終わってから対応するようにします。

 

 

ボールとの距離感が微妙で迷ったときや変な間ができる時ってありませんか?

 

 

僕はあるのですがその時はDFライン裏のカバーを選択しています。

 

 

 

 

②ポジションを調整する

 選手の距離感、大丈夫ですか?

「①ボールに寄せる」でDFラインの裏をケアする、またはボールを持っている選手にプレッシャーをかけて、中へのパスコースもきっている状態になると

 

 

その瞬間に限っていえば相手は攻めにくくなっているでしょう。

 

 

ただ、ボールは常に動きますし、味方選手がドリブルで抜かれてしまうなど状況は常に変わります。

 

 

選手をバランスよく配置して、抜かれたり、パスを通されたあともすぐに近くの選手で対応できる状態をつねに意識したいところです。

f:id:kazfbl:20200314111732p:image

f:id:kazfbl:20200314121647p:image

選手間の距離感がいいとお互いがお互いをカバーしやすいです。

 

どこにどうボールが動くかはわからないのでプレス指示とカーソルのついた選手の2人の距離感ではなく、

 

 

3人(最低)の距離感のバランスがよくなるようにカーソルのついた選手を動かしたいです。

 

 

 

 

セカンドボール対策

また選手がバランスよく配置されているとセカンドボールに対応しやすいです。

f:id:kazfbl:20200314115359p:image

セカンドボール(ウイイレアプリでよくある"事故"もここに含まれるかもしれません)

 

 

はどこにボールが転がるか予測できずバイタルエリア付近で拾われると非常に危険です。

 

 

選手起用のほかに予測不能なセカンドボールへの対策として出来るのがバランスの良い配置だと思うのでぜひ守備組織のバランスを意識したいですね。

 

 

蜘蛛の巣みたいな感じですかね?笑

均等に糸をはっていたらどっかにボールひっかかるやろ?的な。笑

 

 

【補足】

ウイイレアプリでは選手全員を操作できないので、基本的にはボール周辺のポジションバランスを意識します。そして防ぐのは中を優先。ボールより遠いエリアのポジショニングはDFライン裏のカバーのとき以外は放置。展開されたあとに対応するようにします。

 

 

 

ポジションが乱れた時はどーするの問題

 基本的には各ポジションに決まった選手がいると思いますが、

 

 

自チームのFKやコーナーキックからカウンターをうけた時はDFラインにDFの選手がいないときもありますが、

 

 

そのときは【どのポジションの選手とか関係なく】操作できる選手たちで図のゾーンを優先順位にそって埋めていきます。

f:id:kazfbl:20200311053000j:image

 

 

【補足】

f:id:kazfbl:20200311053000j:image

◽︎1、2でフリーになられるとGKと一対一になってしまって、あとは決められるのか外してくれるのを待つしかありません。

 

 

◽︎3はミドルシュートやワンツー、1や2のエリアにスルーパスを出すなど相手にとって選択肢がおおいゾーンになります。

 

 

◽︎4はゴールから遠いために守備がゆるくなりがちですがここから2のエリアにスルーパスを通されて失点する人も多いのではないでしょうか。 

 

 

◽︎遅攻時のときですが、5のゾーンからフライスルーパスが出てくることがありますね。

 

 

また相手が4バックなら両サイドバックと5のゾーンが比較的に時間ができやすくボールを持ちやすいゾーンです。

 

 

個人的にサイドバックよりも5を封鎖するように心がけています。(画像のようにOMFがいなくて2トップのフォーメーションなら、トップの選手の関係をカーソル操作で縦関係にしています。)

 

 

ウイイレアプリ(特に対人戦)は中を狙ってくる人が多いのでサイドの深い位置に優先順位はふっていません。

 

 

ピンポイントクロス持ちの選手とCFにヘディングの強い選手を並べていて、徹底的にクロスをあげてくる相手や

 

 

そのゾーンからドリブルで仕掛けてくる頻度が高い相手のときはそのゾーンの優先順位を上げても良いとは思います。

 

 

攻撃時に意識したいゾーンについて詳しく知りたい方は↓

f:id:kazfbl:20200314201519j:image


 

 

 

 

 

③2人以上でボールを奪う

 基本的にはプレス指示をかけ中をきり、ポジショニングを意識していて、それらがうまく機能していれば相手は外側にいくか、強引に縦パスを出してくるでしょう。

 

 

パスカットできれば良いのですが縦パスを通されてしまったときや、サイドに展開された時の状況に注目してみてください。

 

 

守備がうまく機能していれば1対複数の状況になっていることがほとんどです。

 

 

ここで潰しきりましょう。

ここが潰しやすい状況ですし、選択肢が少ないので相手のミスを誘発しやすいです。

f:id:kazfbl:20200314131633p:image

f:id:kazfbl:20200314131639p:image

f:id:kazfbl:20200314131647p:image

 

 

意識したい2つのポイント

ポイントは2つあります。

1つ目は、相手を挟むときのポイントです。

 

 

プレス支持の選手とカーソルのついた選手で、お互いの逆側や違う角度から挟み込むとボールを奪いやすいように感じます。

 

 

2つ目のポイントはすぐに潰せなかった時は粘らずに、次に備えることです。

 

 

縦パスが入った瞬間(パスカット狙うのもありです)やサイドで数的優位になってから潰すのがこちらの狙いです。

 

 

ですが相手の操作がうまい、または選手自体が非常に強力ですぐに潰せなかった時は話がだいぶ変わってきます。笑

 

 

ターンされると後手にまわってしまう、場合によっては即ピンチになりますのですぐに潰せない時は粘らないことです。

 

 

とることに必死になってターンをされ強烈なシュートを決められることとかありませんか?

 

 

粘らずに次の対応をしていれば防げたかもしれません。ですので粘らずに次のプレーに移りましょう。

 

 

パスコースに入るのか、ゾーンをカバーするのか、シュートコースに入るのか。ターンされそうなら、距離をとってから再度奪いにいくのか等。

 

 

 

ポジティブトランジションについて

f:id:kazfbl:20200513195317j:image

守備力でとったのか、相手のミスでこっちボールになったのかに関わらずボールが自チームのものになった瞬間、

 

 

いわゆるポジティブトランジション(守備から攻撃への切り替えの局面)が大事なので触れておきます。

 

 

選択肢は2つです。

 

 

ボールポゼッション

まずは確実に自チームのボールにしたいです。

 

 

両チームの選手が入り混じっている状況であればあるほどポジティブトランジションは難しく、事故も起きやすくなります。

 

 

前に行きたいところですが難しそう、混乱してるときはバックパスでも良いと思います。

 

 

自チームのものになった瞬間のボールをすぐに奪い返されないことがポジティブトランジション時の最優先事項です。

 

 

カウンターアタック

ボールを持った選手が時間的、スペース的に余裕のあるときは前方へのパスを選択してチームを前進させましょう。

 

 

しつこいようですが、ポゼッションが最優先事項ということを忘れないで下さい。

 

 

カウンターアタックは出来たらラッキー、くらいで。

 

 

 

気をつけていることリスト

 ぼくはこれまでに述べたことを主に意識して守備をしていますが、その他に意識していることも書いておきます。

 

 

◽︎ボールが動いているあいだにプレス指示やカーソルのついた選手で間合いを詰める、またはポジションを整える

 

 

◽︎味方同士の距離感  

  

 

◽︎カウンターや崩された時は最後の最後にゴールとボールの間に入る。

2対1の状況のときなど不利すぎるときもプレーをやりきることを意識。

 

 

◽︎まずはボール。すぐにボールにいけない時はポジショニングを整えることに集中する。

 

 

◽︎パスカットはCFへのパスコース一本しかないときと、サイドから中央へのパスに対しては狙いやすいから狙う。

 

 

◽︎違うラインに吸収されないこと。

ただDFラインの選手が釣り出された時はMFの選手がカバーのために一時的にDFラインから釣り出された選手がいたポジションにカーソル操作で移動する。

 

 

◽︎前線は相手のボランチに入れさせない。

 

 

◽︎クリアも楽しむ。ヘディングやワンタッチでのパスになりそうな時はズレると即ピンチになるのでクリアする。

 

 

◽︎相手が最終ラインでボールを持っている時は一瞬したのレーダーをみてチームのポジショニングを確認する。特にセンターサークル付近がどのようになっているか。

 

 

◽︎カーソルのついた選手では基本的に奪いにいかない。

 

 

◽︎基本的にはクロス対応はプレス指示か、AIにまかせる。中、ゴール前にカーソルを合わせる。

 

 

◽︎ボールポゼッションをして一時的に相手の攻撃の時間自体を減らすという守備の考え方

(鳥籠ではないです。どうしても勝ちたいときは80分以降にする鳥籠はいいんじゃないでしょうか。80分くらいからされても僕はいやな気分になりません。)

 

 

 

おわりに

 f:id:kazfbl:20200512123036j:image

僕は使わないと覚えられないし、出来ないタイプなのでたまに試合ごとにチェックボックスの項目を振り返っています。笑

 

 

また練習モードやCOM戦で練習もします。

 

 

 ウイイレアプリは楽しければ負けても良いのですが、負けるなら自分が考えていること、表現したいことを出来る限り出し切ってから散りたいタイプなので、守備にもこだわっています。笑 

 

 

 今回解説した守備の仕方をベースにしていますが、迷うときや対応できないときも全然あります。

 

 

そこをそのままにせず「次された時はどうしよう?」と考えて、自分なりの決まりを作っていくのが大切かなと思っています。

 

 

守備もおもしろいと思うのですがいかがだったでしょうか。笑 

 

 

この記事の内容だけでは足りないので、是非みなさんが持っている経験や知識と合わせてみて下さい。

 

 

 

…長々と書きましたが、こんなに細かくしなくてもDMFにカーソルを合わせて相手のCFへのパスコースをきって、

 

 

ここぞという時以外はAIに任せているだけでそれなりの守備になりますよね。笑

 

 

僕が細かいのは趣味です。笑

どうぞよしなに。