オールドフォードレーン

ウイイレアプリの「プレーの仕方」を考えるブログ

カンタン!誰でもデキる攻め方

f:id:kazfbl:20200220003811j:image

 

こんにちは!

 

 

 今回は攻撃を構成する3つの要素の「②無難な攻め方」についての解説です。

 

f:id:kazfbl:20200513184751j:image

 

 

こんな方におすすめ

◻︎ウイイレアプリ初心者の方        

◻︎攻撃時の選択肢をふやしたい方

 

 

僕は04-05からプレミアリーグを観ると同時に戦術関係や監督の考えが書かれた本や雑誌、ウェブサイトを読みあさってきました。

 

そしてそれを可能な限りウイイレウイイレアプリに反映させて遊び倒してきた経験を元に、誰でも使えるをノウハウを紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

攻め方の手順

f:id:kazfbl:20200513184751j:image

ウイイレアプリで攻撃をするときは「①自分にとって理想の攻め方」(※1)が最優先になります。

 

 

ただ相手が邪魔をしてきて「①自分にとって理想の攻め方」が出来ない時ってけっこうありませんか?

 

 

迷っているうちに相手が寄せてきたから、"とりあえず"近くの安全そうな味方にパスをする方が多いのではないでしょうか。

 

 

そのような方は今回ご紹介する「②無難な攻め方」(カンタンです!)を是非"とりあえず"のかわりに使ってみてください。

 

 

"とりあえず"という曖昧なものはできる限り試合から取り除き「①自分にとって理想の攻め方」と「②無難な攻め方」で攻撃をつくっていきませんか?(勧誘)

 

 

ちなみに「③スキル(操作)」は基本的に練習する必要があります。これがないと①と②を表現することが少しむずかしくなってしまいますので。

 

 

 

「無難な攻め方」の特徴

f:id:kazfbl:20200216190042p:image

 攻撃を構成する③つの要素のうちのひとつ「②無難な攻め方」の特徴をあげます。

 

  1. 特定のフォーメーションに依存しない
  2. カウンター時か遅攻時かは問わない
  3. 対象エリアはピッチ全域
  4. 選手の特徴、能力に依存しない(能力によって配慮する必要はあります)

 

1. 使用する監督によっては使えないということはありません。

 

 

2. ゆっくりした攻め方でもカウンターの時でも使えます。

 

 

3. ディフェンシブサード、ミドルサードファイナルサードどこでも使えます。タッチライン際やピッチ中央でも使えます。どこのポジションでも使えます。

f:id:kazfbl:20200216222024j:image

 

 

4. どのような選手でボールを持っても使える攻め方です。このスキルがないと無理、このプレースタイルでないと出来ないということもありません。

 

 

「②無難な攻め方」はサッカー未経験者やウイイレアプリ初心者の方でもカンタンに使うことができます。

 

 

 

「無難な攻め方」の解説

 攻撃の最終目標はゴールを奪うことです。この記事ではゴールから逆算したプレー選択を複数用意し、それらのことを「無難な攻め方」と表現しました。

 

 

優先順位に従ってプレーしていただくとウイイレアプリで「無難な攻め方」をする事ができます。

 

 

 

「無難な攻め方」選択肢と優先順位

  1. DFライン裏へのパス
  2. 深い位置への縦パス
  3. 深い位置への斜めのパス
  4. (前方にスペースがあるなら)ドリブルでボールを運ぶ 
  5. 横パス
  6. バックパス

 

 

f:id:kazfbl:20200216160847p:image

上の図を例にみていきましょう。

 

 

 まずはピッチを見たり下のレーダーを見て(1)DFライン裏にパスが出せそうかを確認します。

 

 

出せそうなら出して、そうでなければ(2)一番深い位置にいる選手に縦パスを出せそうか見ます。

 

 

出せそうなら出して、そうでなければ(3)深い位置への斜めのパスを狙いましょう。

f:id:kazfbl:20200216160856j:image

 

 

ここで出せなければ横パスやバックパスを選択する人が多いと思うのですが、その前に(4)ドリブルでボールを運ぶを入れます。

f:id:kazfbl:20200216160901j:image

今持っている選手でボールを少しでもゴール方向に運びたいからです。

 

 

(4)でドリブルをしようとしても前方にスペースがないときに(5)横パスを選択。 

 

 

横パスを出せる状況ではないときの最後の手段として(6)バックパスをします。以降は(1)〜(6)の繰り返しです。

 

 

余談 クロップリヴァプール 

ちなみにポジティブトランジション(守備から攻撃への切り替え)時に「1.DFライン裏へのパス」を猛烈に意識している

 

 

同時に、ネガティヴトランジション(攻撃から守備への切り替え)のためのポジショニングの調整(ゲーゲンプレッシングの為)

 

 

を徹底的にトレーニングしてそれを試合に反映させているチームがリヴァプールです。リヴァプールやクロップ、RBグループが好きな方ならわかると思いますが。

 

 

裏にロングボールを送って通ればラッキー、通らなければ仕方ない。がワンセットというチームが多いですが、リヴァプールはもうワンアクション多いです。

 

 

通らないのならそのまますぐにボールを狩りにいき、奪い、組織が乱れた相手(リヴァプールからボールを奪ったので

 

 

攻撃をしようとしていたのにまたすぐにリヴァプールにボールを奪われた為)に二次攻撃をしかけることを狙い、それも武器にしています。

 

 

極端な話、彼らのロングボールの目的はプレーするエリアを相手のペナルティーエリア近くにする事であり、味方ボールになるか相手ボールになるかはそこまで問題にしてないように見えます。

 

 

通ればそのままフィニッシュに移り、通らなければそのまま前線から狩りに行ってまたチャンスをつくろっか!という共通認識がチームにありそうです。

 

 

レーニング内容もそんな感じだよって文章を見たことがあります。まぁキックの精度が高い選手が多いので通ることが多いのですが。。。笑

 

 

 

 

「無難な攻め方」を使うための最低条件

 「無難な攻め方」を使うための条件が1つだけあります。前を向いた状態であること。これだけですが重要なポイントですので念のため。

 

 

 

フライスルーパスについて

 内容的にフラスルに触れないわけにはいかないでしょう。笑

 

 

僕はキックオフ直後は使いませんが、試合中に使うときはあります。

 

 

ボールをもっている時に、レーダーを見るまでもなく画面端の選手が手を上げて走っていて、

 

 

尚且つボールを持っている選手のパス能力やスキルが良ければ僕はフラスルをつかいます。

 

 

「ここで出さなかったらどこ狙うんですか?」と思っていますし「ゴール前どフリーでシュートを打たないみたいなもの」とも思っています。

 

 

もちろん相手のフラスルから失点することもありますが、すべてを防げないわけでもないので僕はフラスルされてもOKです。

 

 

いろいろな考え方があると思います。もしフラスルに対してポジティブなイメージがない方は「2.深い位置への縦パス」から使ってください。

 

 

 

補足

①シュートを狙える位置に到達したら狙って下さいね。笑

 

 

「狙える位置」は個人の感覚によります。人によって違ってくるので本記事では触れません。

 

 

 ②試合展開によってはボールポゼッションが必要になり、ボールポゼッション自体を目的としたプレー選択もありますが、この記事はボールを前進させる攻め方に焦点をあてているのでそれは考慮していません。

 

 

 

まとめ

f:id:kazfbl:20200512123223j:image

「無難な攻め方」の特徴

  1. 特定のフォーメーションに依存しない
  2. カウンター時か遅攻時かは問わない
  3. 対象エリアはピッチ全域
  4. 選手の特徴、能力に依存しない(能力によって配慮する必要はあります)

「無難な攻め方」の選択肢と優先順位

  1. DFライン裏へのパス
  2. 深い位置への縦パス
  3. 深い位置への斜めのパス
  4. (前方にスペースがあるなら)ドリブルでボールを運ぶ 
  5. 横パス
  6. バックパス

「無難な攻め方」を使うための最低条件

=前を向いた状態であること

 

 

f:id:kazfbl:20200513184751j:image

今回ご紹介した「無難な攻め方」は「①自分にとって理想の攻め方」の補助です。①が出来ない時に使えるようにしたいですね。

 

 

「無難な攻め方」の選択肢と優先順位を覚えてしまえば、"カンタン!誰でもデキる攻め方"になります。

 

 

これだけでもじゅうぶんに攻撃はできますので、ウイイレアプリ初心者の方や興味のある方は是非一度ためしてみてください。おすすめです!

 

 

(※1)「①自分にとって理想の攻め方」の定義や作り方についての記事は未作成です。作成は予定しています。