オールドフォードレーン

ウイイレアプリの「プレーの仕方」を考えるブログ

「プレーの詳細解説」〜初心者必見!パスの基本〜

f:id:kazfbl:20200103034443j:image

 

はじめに 

 こんにちは!

 

この記事はtiktokに上げた「初心者必見!パスの基本」↓

という動画の解説と補足になります。(画像あり)

 

 

 今回からブログを始めたのですが理由は単純にtiktokだけじゃ足りないからです。

 

 

tiktokでは出来るだけたくさんの人に分かりやすく、思い出しやすく、試したくなるような動画!を意識して作るように

 

 

しているのですが動画の時間に制限がある為、どうしても細いところまで説明しきれないというのが現状です。

 

 

今まで作った動画の中にはテロップで説明した事以外にも見逃せないプレーがたくさんあり、そこにも触れたいなーと思う事が多々ありまして。。。

 

 

年明けたら書いてみようかな?からの流れで今に至ります。完全に趣味です。笑

 

 

 解説に入る前に、あんまり覚えてないって方は是非テロップを無視して動画のプレーを見て頂くと、これからさせて頂く話が入ってきやすいかと思います。

 

 

 

キーとなった2つのプレー

結果オーライ!でも実はギリギリだったフェルトンゲンのプレー

 それではさっそくプレーの解説に入りたいと思います。今回は2つのプレーを解説します。まずは1つ目のこのシーンf:id:kazfbl:20200102213622p:image

左SBフェルトンゲンのプレーです。相手のオーバメヤンがプレッシングしてきてはいますが、

 

 

この時点ではまだ時間とスペースに余裕があり選択肢は複数ある状態です。

 

 

ただこの時、けっこう前からプレッシャーをかけてくる人だなとは感じていました。

 

 

前を向いてボールを保持しているので自分よりも低い位置にいる右隣りのCBにはパスは出したくありませんでした。(前進のチャンスを自分で潰したくないのが主な理由です)

 

 

前方のアザールへのパスでもよかったのですが個人的に遅攻時はサイドのレーンから同じサイドのレーンにいる選手への

 

 

縦パスは避けていて、その癖の影響か選択肢には出て来ませんでした。(5レーン理論で言うところのセンターレーンからセンターレーンへの縦パスや他レーンへの斜めのパスは狙います!)

 

 

という事で僕の希望としてはCMFのギュンドアン(上図の青◯)にボールを送りたかったわけです。

f:id:kazfbl:20200102213138p:image

普通のパスだとオーバメヤンに引っかかってしまう可能性があるのでこれはなし。

 

 

上図赤◯のスペースにスルーパスを出し、走らせて受けさせようと一瞬思ったのですがアザールに付いているRMFに

 

 

すぐにプレスを掛けられるかもと思いやめました。じゃあアリに当ててから落とそうと思い下のレーダーを見たのですが全然出せそうじゃない。笑

f:id:kazfbl:20200102213300j:image

ここまでの思考の流れとしては①右隣のCBには出さない②同じレーンにいるアザールにも出さない③ギュンドアンに出

 

 

したいが普通のパスはやめておこう④じゃあスルーパスにする?いや、やめよう⑤よしアリに当てて落とそう!

 

 

だったのですがレーダーが示していた状況は僕に全然優しくなくてですね、、、

 

 

オーバメヤンが迫ってくる中ネタが切れてしまった僕はボールを離すしかなかったわけで平たくいうとパニクっていました。笑

 

 

次からは⑥下げる。とかその他の選択を出来るようになりたいですね。

 

 

結果的にアリが先にボールに触れたのでギュンドアンに渡す事ができました。

 

 

スタートから明らかにギュンドアン狙いのプレーでしたが結果は明らかにたまたまです。笑

 

 

後で見直すとフェルトンゲンがボールを蹴り出した瞬間のレーダーではアリのポジションが相手のボランチ2枚より、

 

 

ボール寄りになっていました。だから通ったんですね助かった!笑

 

 

今まで通りのカメラアングルでプレーしていると今後も似た状況に直面する事もあるでしょうね。

 

 

少し前のアップデートから搭載されたカメラアングルのダイナミックワイドならまた違ったプレー選択、より安全性の高い選択を出来ていたかもしれないです。

 

 

 ちなみに僕はプレー選択をする上で心掛けている事が複数個あるのですがそのうちの2つが①無闇に下げない、

 

 

②遅攻時はサイドレーンから同じサイドレーンへの縦パスを極力しない。

 

 

で、これがある程度癖付いているのでフェルトンゲンがボールを貰う前からギュンドアンにどうやってボールを送るかしか考えていませんでした。

 

 

 ですのでこれまでに説明してきた事全てを瞬時に考えたわけではなくて実際は先程の①、②の思考の流れはほぼスキップしていた事を付け加えておきます。

 

 

 個人的にここが動画内で一番難しい局面だったので解説しました。

 

 

 

 

え、マジで?◯ンテ、ありがとう!

次に2つ目のプレーの解説ですが、これは僕のプレーではなく相手CMFカンテの対応の仕方についてです。

f:id:kazfbl:20200102214603p:image

f:id:kazfbl:20200102214655p:imagef:id:kazfbl:20200102214752p:image

ギュンドアンに渡す事までしか考えていなかったので、ここからはまだ遅攻を続けるつもりでした。

 

 

前線へのパスを狙いながらも大抵の場合はアザールに渡したり、左SBに上がってこいのスルーパスを出したり、右SBへのサイドチェンジなどをします。

 

 

ただ、これらはカンテが前に出てこない事が前提です。アリをパスアンドゴーで走らせてますがこれはポゼッションのためのパスアンドゴー(僕の動画「ポゼッションのためのパス&ゴー 2つの使い方と注意点」参照↓)

 

 

で相手がアリを追いかけるか止まればギュンドアンのところで時間が出来るだろうと思ってした操作です。

 

 

ところが実際は上の画像のようにカンテは突進してきました。その結果…

f:id:kazfbl:20200102214924p:image

アリ(橙◯)がフリーになり、カンテが埋めていれば整備されていたはずの守備の組織には穴があき、アザールはケインやアリへのパスコースを獲得できてしまいました。

 

 

フェルトンゲンのところで少し感じていたのですが、ここで「ああ、ガンガン来る人か!」と同時に「フィニッシュまではたぶん持っていける!」と思いました。

 

 

 三角形を意識しながら3人目の動きも使い、バイタルエリアに侵入してシュートかラストパスだ!とかそんな事は全く考えておらず、

 

 

的を絞らせない(ポグバ→ケイン→アリのところ)、読まれても対応が追いつかない(少ないタッチ数)速い攻撃を「やりきる」事に集中していました。

 

 

 この動画のプレーは綺麗なパスワークの部類に入れても良いとは思いますが個人的にこれは「崩し」ではなく、ただただ「相手の間を縫っていっただけ」です。

 

 

1つ剥がされてしまうだけでも最後まで行かれてしまうんだな、とディフェンスの大切さがわかるプレーだと思い解説しました。

 

 

 攻撃時は相手のミスを見逃さず、その時に閃いたアイデアをやりきれるように(得点出来なくてもフィニッシュまで)、

 

 

守備時はプレスをかける時のコースや強度の程度を調整できるようになりたいですね。

 


 という事で本当は、これらは全て狙い通りで、試合前から用意していたデザインされたプレーだったんです!

 

 

とか言いたいのですが残念ながらこのゴールはフェルトンゲン→アリ→ギュンドアンのところの運とカンテの対応のまずさから生まれたものでした。。。笑

 

 

 

ゴールまで全てワンタッチで到達する方法

ここからは補足です。tiktokの動画のテロップで説明した事(前向きなら前へ、

 

 

後ろ向きなら後ろへ)についてなのですが後で動画を見た時に気づきました。「一列ずつ」前進していますね。

 

 

  昔日本に来ていたオランダ人指導者が「ゴール前まで全てワンタッチパスだけで到達できる」

 

 

っぽい事を言ったらしんですよ、名前は覚えてませんが。笑(ミケルス、クライフ、ファンハールではないです)で、その方法がf:id:kazfbl:20200102215146j:image

 

 

こんな感じです。笑 前向きの選手が前方にパスを出し、そのパスを後ろ向きで受ける選手が自分のポジションよりも低

 

 

い位置にいる前向きの選手にワンタッチで落とし、そのボールを受ける選手は再度ワンタッチで前へ送る!の繰り返しです。

 

 

昔読んだ本の、ポジショニングがいかに大切かという事を力説してある章の中にありました。(動画のテロップはこれをもとに作りました)

 

 

ポゼッションは出来るけど前進の仕方がよくわからないって方はこういうのを意識してみても良いかもしれませんね。

 

 

以上を踏まえたうえで再度、動画のプレーを見て頂くとまた何か感じる事があるかもしれないのでラスト貼っておきます。↓

 

 

 

おわりに

f:id:kazfbl:20200512123410j:image

 以上で解説終わりです!少しでもみなさんの役に立てる記事を書けたのなら嬉しいのですが、いかがだったでしょうか?

 

 

誰かの役に立ちたい!というよりも書きたい!という欲から生まれた文章なので自信はありませんが。笑

 

 

 今後もゆるーーーくtiktokとブログの更新をしていくと思います(たぶん←)のでウイイレアプリやサッカーが好きな方、

 

 

僕が作るものに興味を持って下さる方がもし居ましたら今後ともよろしくお願いします。

 

 

読んで頂き、ありがとうございました!